何でも買取するお店の理由が知りたい

買取は時期によって値段が変わる

リサイクルショップに不用品の買取をしてもらった経験がある人は多いと思います。その不用品ですが、同じものでも時期によって値段が変動するという事があります。電化製品やインテリア製品などには、あまり周期的な時期は関係ありませんが、衣服は時期によってかなり値段が変わってきます。

例えば、夏前に高く売れるのは、夏服です。リサイクルショップは、入荷した物を早く売りたいという思惑を持っています。夏前に冬服を持って行っても、買取拒否されるか、とても安い値段をつけられるかのいずれかです。拒否される場合は、リサイクルショップも在庫を抱えておく余裕がないという事だと考えられます。安い値段をつけられる場合は、リサイクルショップとして、在庫を持てる余裕があるという事です。大抵のリサイクルショップは在庫を抱えたいとは考えていません。その時期のトレンドをその時期に売りさばきたいという考えがあえます。

近いからといって、行き慣れているからといって、ものを売る店をひとつに絞ってしまうのはやや危ないのかなと感じた僕は、同じゲームを持って、買取金額だけ聞いて売らず、何店舗か回ってみると、結構な価格の差が生じました。結局合計が一番高い店で売りましたが、今後はこのように、いくつか店を回ってから、売るところは考えようと思います。ある程度の相場はあるでしょうが、それでも価格は相当違ってくるという事を勉強しました。